カードローンの金利監査に通るコツ

カードローンなどのキャッシングを利用する際には、金利監査と呼ばれる金利を決定するための審査を受ける必要があります。
カードローンの金利は、借入の金額や期間といった借入条件と、借り手の収入や資産保有の状況などの個人の信用力に依存して決まります。借入条件に関しては、統一的な基準がありますが、個人の信用力はこの金利監査によって図られるのです。
金利監査では、当然ながら収入や資産などが多ければ多いほど金利は低くなり、少なければ少ないほど金利は高くなる傾向があります。そのため、十分な収入や資産などが無い状態でカードローンを申し込む際には、果たして金利はいくらになるのかと、緊張しながら金利監査の結果を待つことになるのです。


私は以前、勤めていた会社が突然倒産し、どうしても月々の資金繰りが回らなくなってしまった時に、カードローンを利用したことがあります。その時には、アルバイトの収入しかなく、資産と呼べるものもない状態だったので、金利監査の結果はひどいものだろうと予想していました。ところが幸い、私の妻は安定した会社に勤めていたので、家族の信用力を加味してもらい、比較的、良心的な金利でキャッシングができたのです。もちろん、借り手のプライバシーは守られますから、妻にはバレていません。
私のように、本人に十分な資産や収入がないケースでも、家族に信用力があれば何とかなる場合があるので、学生や主婦などの収入が無い方でも、ひとまず相談してみる価値はあるでしょう。