カードローンと金利監査の時期について

キャッシングを利用しているときにやはり一番に気になるのが金利です。がんばって毎日働いてはいる物の、なかなか残金が減らないのを見ているときが遠くなってしまいます。カードローンでは金利があるので、純粋に借りたお金の分だけを返済しなければいけないと言うことはありませんが、少しでも金利が安い方が楽だと思って金利の安いカードローンを選びました。しかし銀行系のカードローンを始めさまざまな商品では金利の見直しが行われているんですね。契約をするときにしっかりと確認をしなかったのですが、金利監査という物が行われているようです。この金利監査で金利の見直しが行われています。この時期が4月と10月ということで、この時期になると少しそわそわとしてしまいます。


金利監査によって今までよりも金利が低くなったというような場合には非常にうれしい気分になりますが、ここで今までよりも金利が高くなってしまうというようなことがあれば、ほかの所からのキャッシングをしようと考えていました。心配していましたが、金利に関してはそれほど大きな変動もないということで、今までと同じようにキャッシングを利用することに決めました。仮にここで金利が高くなっているというようなことがあれば、ほかの所に借り換えを考えていました。カードローンには変動金利タイプという物がありますが、これは金融機関によって異なっているようです。基本的には金利監査の時期があり、これよって見直しが行われますが、大幅に上昇するというような場合にはその都度見直されているようです。